Art

Loading

◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる

東京ミッドタウン・デザインハブ第51回企画展「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も 展:◯◯◯も◯◯◯といえる」|2015年|イベント|東京ミッドタウン

ももも。5/31まで。

地理人氏の空想地図(以前タモリ倶楽部でもやっていたよな)を見ることができた。圧巻。
モレスキナリーからの展示は色々あったけど、中でも細かい字でページ埋め尽くしてる日記がとてつもなかった。

玉石混交。

みんなの空想地図 みんなの空想地図
今和泉 隆行

白水社 2013-11-02
売り上げランキング : 120590

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

高橋コレクション展 ミラー・ニューロン @ 東京オペラシティ

高橋コレクション展 ミラー・ニューロン|東京オペラシティアートギャラリー

高橋コレクションの中から約140点。
草間彌生、奈良美智、村上隆、横尾忠則、会田誠、名和晃平、山口晃、ヤノベケンジ...など国内の有名どころはほぼ見ることができる。

以前、日比谷とか日ノ出で見たことあるのもあるかな。
スペースを小さめに区切って、個々の作品を一番良い形で見せるような作りであった。

高橋コレクション展 ミラー・ニューロン —日本の現代アートがここにある。 高橋コレクション展 ミラー・ニューロン —日本の現代アートがここにある。
内田真由美

玄光社 2015-04-23
売り上げランキング : 83613

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

テオ・ヤンセンのストランドビースト @ 二子玉川 Theo Jansen

テオ・ヤンセンの巨大アートが二子玉川に! | MilK ミルクジャポン

二子玉川にやってきたテオヤンセンのストランドビースト達。
私の知る限りでは2009年日比谷でのテオ・ヤンセン展以来でしょうかね。

animaris percipiere primus

animaris ordis
これは持って動かす体験デモに使われてた。

  

animaris currens ventosa

  

animaris siamesis
二体がつながってるやつ。

 

animaris modularius

animaris geneticus

animaris percipiere rectus

animaris siamesisとanimaris modulariusで走行デモをしていたけど、海外スタッフが手で押しての走行。加えて、うちわ隊がわっしょいわっしょいうちわで扇ぐという...(扇ぐことには全く意味は無い)
「なーんだ」なんて言って帰っていく家族連れもいたりして、このビースト達の本当の凄さが伝わらないのは悲しい。
2009年のエントリを読み直すと、前回は animaris modularius がペットボトル部分に空気を貯めて自走のデモをやってるんだよね。これがほんとインパクト強烈だったんだけど、今回、あの衝撃が全く感じられないデモなのは大変残念である。。

とはいえ、ビースト達は死んでるわけではなかった。
風が吹き抜けると、siamesisの羽がバサバサバサっと羽ばたきだしたりするのだ。すると、横を歩いてた人がギョッとなったりして。この感じなんだよなぁw

物販。大人の科学シリーズと、ハガキ、バッジ、ポスターなど。Tシャツはgraniphコラボが3,4種。

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook) 大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部

学習研究社 2011-01-14
売り上げランキング : 187345

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

blog: 

誕生60周年記念「ミッフィー展」 @ 松屋銀座

誕生60周年記念「ミッフィー展」。2015年4月15日から5月10日まで、松屋銀座で開催!


チラシ、ポスターは祖父江慎。

2010年の ゴーゴーミッフィー展以来5年ぶりか。
今回はファーストミッフィーの原画が初公開なのと、その第2版の原画、ミッフィー以前の「りんごぼうや」「きいろいことり」原画あたりが目玉。
「りんごぼうや」も第2版があって、第2版で輪郭線が登場するので、対比も面白い。
不採用の原画もあるんだが、2000年代の作品でお腹の中の胎児を表現しようとしていたり、進取の姿勢がすごい。

ベアブリック的な白ミッフィー立体のアレンジには、佐野研二郎、三沢厚彦など多数。
会場の外にも海外勢のがパネルなどで。

図録はファーストミッフィー表紙で2500円。

1才からのうさこちゃんの絵本セット 2 (全3冊) 1才からのうさこちゃんの絵本セット 2 (全3冊)
デック・ブルーナ

福音館書店 2010-04-01
売り上げランキング : 256355

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

「頭上ビックバン!帽子おじさん宮間英次郎 80歳記念大展覧会」とトークイベントとセーラー服おじさん

→NADiff Gallery 頭上ビックバン!帽子おじさん宮間英次郎 80歳記念大展覧会
というのが今日から始まっており、トークイベントがあったので行ってきた。

→宮間英次郎 - Wikipedia

今日のトークは宮間英次郎本人と、今回のキュレーター 畸人研究学会 海老名ベテルギウス則雄、都築響一 の三氏。

客席に一般客としてセーラー服おじさんが。なにこの夢の共演。
・スタート前に地下から上がってきた帽子おじさん(帽子と衣装着用済み)、ちょっとトイレ行くと行って見えない脇道へ。「あっ!」「グシャッ」という音が...でも帽子は無事だった模様
・戻ってきてトークスタート。スクリーンに写真を映すも、帽子がでかいので影で隠れるw
・素材は買うこともあるけど、主に拾ってくるらしい。
・重さとバランスが重要であるらしい。
だいぶ首が鍛えられているらしい
・帽子上の各種人形は糊で付けているが、紐で結わえ付けていることもある。
・2年くらい前まではドヤ街に住んでいたが今はフローリングのアパート(?)住まい。引っ越しの時は都築氏海老名氏も手伝った。
・スイスでの展覧会(2008)。「アルプスがきれいだった」
・スイスでは自転車が大きすぎたので子供用の自転車を借りた。
・カラオケは60歳頃から始めた(帽子を作り始めたのと同じ頃。20年前)
・カラオケは平日。土日はパフォーマンスで出かけるから。
・大きな病気はしたことがない。ニンニクとかニラとかタマネギが好き。(すごくよく食べるらしい)
・素材があれば一日で一個できるらしい。
・今回着用の帽子は風が吹くと回るらしい(都築氏談)。普通の帽子をかぶった上にかぶっていた。入念に計算されているのだった。
3/25 NHKの爆笑問題の番組に出るから見て、と言っていた。

間にカラオケを3曲挟む。ただし、途中までPCの画面に歌詞が出ていることに気づかなかったため、バックの音を全く無視したタイミングとリズムで歌い上げ、カオス状態に。最終的にはマイクも使わず(声量がすごくあるので実は不要だった)。最後の曲歌ってるとき、ちょっとスイッチ入ってた感じ。

最後にセーラー服おじさんも含め撮影会ww 記者会見の如き様相に。

展示の方はなかなか良い写真多数(特に子供が嬉しそうな写真が良い)と帽子実物。
帽子はなんというか...情報量多すぎで、ぱっと見だとわからない。小宇宙のようなw
しかもこれかぶって、眼鏡と衣装もあるんだからすごいわな

以前にも生セーラー服おじさんは見ているのだけど、
→セーラー服おじさんとインパクトおじさんたち @ 東京カルチャーカルチャー | Cafe de Shrimp
せっかくなのでセーラー服おじさんに写真をお願いした(ありがとうございます m(_ _)m)。

そのあと、他の人と話している時に 下は何を履いているのみたいな話になった。
そのときおじさん、見えてもいいようにブルマ履いてるんですよとブルマをチラリ。
その拍子に下の純白(たぶん)のおパンツもチラリ...
...
ということで、図らずもセーラー服おじさんのスカートの中を見てしまったのだった...嗚呼...

なお、セーラー服おじさんは「お互いになんとなく意識している感じはあった」ものの帽子おじさんとは今回が初対面なのだと言っていた。

いやぁ、濃すぎてちょっと疲れたねw

珍日本超老伝 (ちくま文庫) 珍日本超老伝 (ちくま文庫)
都築 響一

筑摩書房 2011-07-08
売り上げランキング : 323368

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

草間彌生の版画 前期 @ オオタファインアーツ

OTA FINE ARTS | 草間彌生の版画 前期

反復や増殖をモチーフに絵画や彫刻に幅広い才を発揮する草間彌生ですが、1979年に始まる版画制作の領域でも積極的な取り組みをみせ、その作品は現在もたいへん独創的です。  この展覧会では、本展が初出となる2011年以降の新作を発表いたします。 ぜひ、この機会に貴重な作品の数々をご高覧ください。 展覧会詳細 展覧会名 : 草間彌生の版画 会期 : 2015年1月17日(土)-2月21日(土) 11:00...

はてなブックマーク - OTA FINE ARTS はてなブックマークに追加

2011/12年のものだったかと。目と顔。

草間彌生全版画1979‐2013 草間彌生全版画1979‐2013
草間 彌生

阿部出版 2013-09
売り上げランキング : 185211

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

第18回文化庁メディア芸術祭

第18回文化庁メディア芸術祭

はてなブックマーク - 第18回文化庁メディア芸術祭 はてなブックマークに追加

国立新美術館でのメディア芸術祭。去年の展示方法には懲りたのか、各所スペース区切っていた(極めて普通だ)。
人が多すぎて、ちゃんと見られなかったんだが...

一番最初の教授と真鍋大度のアレ。表現そのものに力がないと思った。能書き見ないとなんもわからんじゃん。
"Nyloïd"は動いてれば面白かっただろうね。もうデモは終了だそうで、床に捨て置かれてるだけだ。
あとは、スライムによるシンセサイザーみたいなのがあったね。
Ingressはみんなこぞってやってた。

ほぼ唯一へぇと思ったのは、handiiiという筋電義手。
スニーカーのようにスタイリッシュでコストが安い義手というコンセプト。特に、筋電を認識する処理をスマホに任せることでコストダウンってのはなるほどなぁと。

明日が最終日。たぶん混む。

第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 @ 国立新美術館 | Cafe de Shrimp

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Art