Book

のはなしさん / 伊集院光

のはなしさん のはなしさん
伊集院 光

宝島社 2010-10-08
売り上げランキング : 94588

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2010年刊。元になった連載はその数年前くらい。数本書き下ろしあり。先代円楽のお通夜の話も。

カツラの世界で技術革新があって、引っ張っても大丈夫なカツラが...っていう話。何か、パズルの足りないピースがピッタリはまった感じがした。

blog: 

フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで / ケンドー・カシン

フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで フツーのプロレスラーだった僕がKOで大学非常勤講師になるまで
ケンドー・カシン

徳間書店 2017-08-19
売り上げランキング : 4654

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今年の夏見たカシンさんは、諏訪魔登場の大仁田興行で電流爆破バットマッチのレフェリーをやり、理不尽裁定をした後 白覆面姿でグッズを売り、翌日には大日本の両国でグレート小鹿と戦っていた。その一方、今は慶應SFCの講師でもあるのだった。かつてのジャンボ鶴田先生のポジション。

インタビュー形式で光星学院高校レスリング部時代から語っているんだけど、最初から最後まで面白すぎる。いろんなものが詰まっている。知らなかった話もいっぱいある。

しかし、武藤時代の全日本というのは思った以上に経営的には悲惨な状態だったのだなぁ...表の世界を見てるだけではわからん話。
細かいところでは、最初SIMAスポーツだったマスクをあんまりリクエストを聞いてくれなかったからOJISANスポーツに変えた話とか、レジーパークス製のカシンベルトの話とか!
サイモンのことを一貫してサイモン・ワタナベって言ってるところとか謎もいろいろあるが...

プロレスファン必読ではないだろうか。

blog: 

忘れじの国際プロレス

忘れじの国際プロレス―国際プロレス解散から33年。語り継がれる魂の物語 (B・B MOOK 1018) 忘れじの国際プロレス―
国際プロレス解散から33年。語り継がれる魂の物語
(B・B MOOK 1018)

ベースボール・マガジン社 2014-02-03
売り上げランキング : 527983

Amazonで詳しく見る by G-Tools

忘れじの国際プロレス

2014年刊。
なかなか味わい深い。
インタビューはマイティ井上とアニマル浜口。浜口は関係者で唯一グレート草津のことを悪く言わない人だなー。
入場テーマ曲リスト、TV中継試合ほぼ完全リストはかなり入魂なデータ。

「ゆかりの地探訪」もいいんだけど、高田馬場の本社跡地は場所が間違っているらしい。
『忘れじの国際プロレス』 高田馬場本社オフィスの“跡地”は…?: Old Fashioned Club -オールドファッションド・クラブ-

blog: 

日本ハンドスピナークラブ公認 最強! ハンドスピナー入門

学研プラスから出ている。書籍の扱いで書店で売っているけど、紙は一枚と大変潔いつくりになっていた。
ハンドスピナー本体は長時間よく回るいいやつ。
おそらく意図的なのだが、シャーっていう音が大きめに出る。

日本ハンドスピナークラブ公認 最強!  ハンドスピナー入門 ([バラエティ]) 日本ハンドスピナークラブ公認 最強! ハンドスピナー入門 ([バラエティ])
ゲットナビ編集部

学研プラス 2017-08-02
売り上げランキング : 88533

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

証言UWF 最後の真実

証言UWF 最後の真実 証言UWF 最後の真実
前田 日明 藤原 喜明 山崎 一夫 船木 誠勝 鈴木 みのる

宝島社 2017-05-17
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1984年のUWF」へのアンサーとして出されたのですかね。
あっちが当事者に取材していない(!)のに対して、こっちは当事者の発言しか載っていない。前田が本間や柴田の話してるのでかなり最近の取材のようだ。
第1次Uは佐山前田のセメントマッチ、業務提携時代は長州顔面蹴りのところのみ、第2次はカネの話、土壇場での選手結束からの分裂まで とトピックをかなり絞り込んでいる。

まあ、宮戸周りの話がねぇ...結局、前田は今でも(!)宮戸を新弟子扱いしていてブレない(実際中2の頃から面倒見ているので新弟子というか子供みたいな感覚なのかもしれない)。

上井インタビュー、新日を取り仕切ってた時代(00年代)に"あの人"が現れたっていう話は戦慄。。。

当事者発言だから信用できるっていうわけでもない。特に事務方の人々はほんと怪しい人たち混じってるし...それでも各々の発言から浮き上がってくるものもあるようだ。。

blog: 

プリンス 1958-2016

プリンス 1958-2016 (SPACE SHOWER BOOKs) プリンス 1958-2016 (SPACE SHOWER BOOKs)
モビーン・アザール 長谷川 町蔵

スペースシャワーネットワーク 2016-11-25
売り上げランキング : 117838

Amazonで詳しく見る by G-Tools

原書:Prince: Chapter and Verse: A Life in Photographs

すばらしい写真と関係者の発言だけでフラットに時代を追って構成されている。かなりマニアックな未発表曲についての発言がちゃんと拾われていて、資料的にも良い本であった。

一部日本語が変だったり写真が左右逆だったりとかもあったけど。

blog: 

ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録

ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録 ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝
バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録

ジョージ・クリントン 丸屋九兵衛(解説)

DU BOOKS 2016-07-15
売り上げランキング : 81075

Amazonで詳しく見る by G-Tools

原書:Brothas Be, Yo Like George, Ain't That Funkin' Kinda Hard on You?

最初の方から偽札造りの話が出てきちゃう。。。
ドラッグから抜け出せたのは数年前だったのか(去年見た御大はとても元気そうだった)。ずっとトリップしっぱなしだったようなので自伝はどの程度信ぴょう性があるのかよくわからないw。
でも90年代からPファンク使いのヒップホップアーティストに対する訴訟がなぜ乱発されていたのかとか、Pファンク周辺に蠢くドロドロしたカネの話はよくわかった。。。
Slyほどじゃないにしても、やっぱり彼らも搾取され続けてきたのだったか。。。

blog: 

"東洋の神秘" ザ・グレート・カブキ自伝

“東洋の神秘"ザ・グレート・カブキ自伝 (G SPIRITS BOOK)
ザ・グレート・カブキ

辰巳出版 2014-10-29
売り上げランキング : 254283

Amazonで詳しく見る by G-Tools

昔カブキさんにサインの宛名を書いてもらう時に、むかし同じ名字の人がいてね...みたいな話をしてくれたことがあった。その人のことが出てきた。そしてとんでもない結末が書いてあった。。。そりゃカブキさんも忘れないだろう。

日本マットだけ見ているとあまりピンとこないマサ斎藤との絆の深さ。一番稼いだ良い時代を共に過ごしていたのだな。

日プロ叩き上げの人である。基本、ぶん殴って解決するお話が多い。入門前のキムドクとかサンダー杉山とかグレート草津とか。。
お店でどれだけ穏やかにしていても、やっぱり怖いお人。。。

今でも覚えている人が多いという映画「カランバ」プロモーションでのジープに引っ張られるデモンストレーション。当初提示された案はもっとヤバかったらしい。映画界も狂ってた時代だなぁ。。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Book