Music

Loading

DAVID BOWIE is


DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展

ボウイの生前から世界を巡回していて、やっと日本に来た。前売り2200円って結構なお値段なのでちょっと考えてたんだが、やっぱり見たいと思ったので行って来た。

ヘッドフォンを渡される。音が仕込んであるコーナーに行くと勝手に音が流れる。

[コスチューム]
有名なコスチュームの数々。膨大。
13 Immortal Costumes From The Closet Of David Bowie | Co.Design | business + design
↑ここに載っているものの全部ではないにしろ多くが見られる。
山本寛斎の"Tokyo Pop"は現物を見ても着るものであるっていうイメージがイマイチ湧かない。
スーツでいうと、ライブエイドで着たスーツ。アラジンセインのツアー時(だったかな。記憶が曖昧)に着ていたものだったらしい。
手付きのボディースーツ、着てもほぼ裸。
"Blue Jean"のビデオ内で(スター役の方で)着てた衣装も!

[俳優]
よく見る写真が 舞台"Elephant Man"出演時のものだと初めて知った。そのときの衣装もあるし、一部の映像も上映していた。
映画「ラビリンス」の小道具。この映画の脚本がMonty PythonのTerry Jonesだということを完全に忘れてた。
日本特設コーナーで坂本龍一と北野武が「戦場のメリークリスマス」でのボウイを語るコーナーもある。

[アートワーク]
Next Dayのジャケ("Heroes"ジャケを白で塗りつぶしたやつ)が決まるまでの案はちょっと興味深い。
ジャケもアイディアスケッチは自分自身でやってるものが多くあり、そこもコントロールしていた人なのだと再認識。
スケアリー・モンスターズの原画がでかい。
スケアリー・モンスターズ

[楽器]
色々あったが「ベルリン時代」コーナーの、ベルリン三部作通して使われたというアナログシンセ
EMS Synthi AKS - Wikipedia
がカッコ良くて。トランクっぽい形になってて持ち運びできる。Brian Enoから贈られたもの。
"Heroes" の "Moss Garden"で使った日本の琴もあったが、意外にも片手で持てるような小さい琴だった。

ほか。
有名曲の歌詞書いたノート多数。
映像多数。

2時間50分じっくり見てしまった...

とはいえ、誰にでもおススメではないかなー。好きな人なら。
それから、英語が苦手な人はつらいかも。細かい説明は訳があるけど、展示部のキャプションとかあちこちにある"David Bowie is ...."には訳がない。手紙やメモなども訳はないので。

David Bowie is
Exhibition "David Bowie Is": watch virtual tour - Videomuzic

デヴィッド・ボウイ・イズ 復刻版 (SPACE SHOWER BOOKs) デヴィッド・ボウイ・イズ 復刻版 (SPACE SHOWER BOOKs)
ヴィクトリア・ブロークス ジェフリー・マーシュ 野中 モモ

スペースシャワーネットワーク 2017-01-12
売り上げランキング : 6974

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

ゴキブリ男 / ハリウッドザコシショウ

ザコシ楽曲「ゴキブリ男」MV公開、石野卓球「売れるわけねえだろ!」 - お笑いナタリー

電気グルーヴのザコシショウへの愛を感じさせる一曲。。

blog: 

50周年記念ベスト 日本一の無責任大作戦 / クレイジー・キャッツ

50周年記念ベスト 日本一の無責任大作戦 50周年記念ベスト 日本一の無責任大作戦
クレイジー・キャッツ 植木等 ハナ肇 谷啓
ハナ肇とクレイジー・キャッツ
クレイジーキャッツ&YUMING 植木等with谷啓
植木等とオフィスレディス 園まり 三波春夫 奥村チヨ

EMIミュージック・ジャパン 2006-05-23
売り上げランキング : 21194

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2006年のベスト盤。
渡辺プロダクション創立50周年テーマソング Still Crazy For You がクレージーキャッツ+Yuming 名義で出た年で、本作にも含まれてる。

Disc2の方は主に80年代以降で、大瀧詠一がエグゼクティブプロデューサーだった「植木等的音楽」からの曲(三波春夫との共演含む)とか「スーダラ伝説」からも。「毎度毎度のお誘いに...」などCMソングもある。そんな中に谷啓プライベートレコーディングが入っていて、一人多重録音で Chase の"Get It On"(「黒い炎」)やってたりする。「地球温暖化進行曲」は ほんとヒドくてすばらしい。

blog: 

Chinese Wall / Philip Bailey

Chinese Wall Chinese Wall
Philip Bailey

Music On Cd 2017-01-12
売り上げランキング : 225867

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Chinese Wall (album) - Wikipedia

ゲートエコーは正義である。
1984年のPhil Collinsプロデュース作。Philとのデュエット"Easy Lover"が大ヒットした。
そういえば "Easy Lover"は、Nathan Eastも作者の一人なのだった。
Nathan East on the Writing, Recording and Legacy of "Easy Lover"

リリース当時 その他の話題としてはファルセットで歌ってきた Philip Bailey が "Woman" で地声で歌ったこと。
あの頃、個人的にはホーンアレンジのTom Tom 84の名前がすごく気になっておった。EW&F関連始め膨大な仕事をしてる人なのだが。
Tom Tom 84 Discography at Discogs

近年のバージョンにはボーナストラックで "Easy Lover (Extended Dance Remix)"がついてるみたい(Google Playもそうだった)。このリミックスあんまりよくないけどね。。

blog: 

groovisions 5×27 @ SPIRAL

Chappieで一世風靡 groovisionsに「時代」の捕まえ方を聞く - インタビュー : CINRA.NET


巨大ビジョンで上映されている映像はアプリ版も配信が開始されている。

 
三三屋

news | groovisions

groovisions highlight groovisions highlight
GROOVISIONS

パルコ 2015-07-07
売り上げランキング : 95942

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Yoko Ono/Plastic Ono Band

ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド
ヨーコ・オノ

SMJ 2016-12-06
売り上げランキング : 54260

Amazonで詳しく見る by G-Tools

年明けはまずこれを聞きました。

ヨーコ・オノ関連諸作のリイシューが始まっている。ショーン・レノンらによるリマスタリング。

Secretly Canadian ANNOUNCE // Yoko Ono Reissue Project

Yoko Ono/Plastic Ono Band - Yoko Ono,Plastic Ono Band | Songs, Reviews, Credits | AllMusic
Yoko Ono/Plastic Ono Band - Wikipedia

"Yoko Ono/Plastic Ono Band"(邦題「ヨーコの心」)は名盤とされる"John Lennon/Plastic Ono Band"(邦題「ジョンの魂」)と同じセッションでのレコーディング(1曲除く)。なのでメンバーも同じでベースは Klaus Voormann でドラムは Ringo Starr 。ジャケも同じ構図だけど、ジョンとヨーコの位置が逆になっている。

ヨーコは当然のように形容しがたい叫びを上げ続けている。ずっと。
でも、今やそこまで奇異な感覚でもないのでは、とも思う。。一曲目の"Why" は特にジョンのノイズギターがすばらしい('70年の作品でこれはすごい)。
"AOS"はオーネット・コールマンとのレコーディング。

ボーナストラックも含めて通しで聴いちゃうとさすがにちょっと辛かった

blog: 

CMようこ, CMようこ2 / 菅野よう子

CMようこ CMようこ
菅野よう子

Grand Trax 2008-05-01
売り上げランキング : 113240

Amazonで詳しく見る by G-Tools

CMようこ(2) CMようこ(2)
菅野よう子 Keyco 畠山美由紀 YOSHIKA
Kaleb James アンサリー 清浦夏実 キセル 湯川潮音

Grand Trax 2009-04-21
売り上げランキング : 34475

Amazonで詳しく見る by G-Tools

→菅野よう子 『CMようこ』インタビュー Vol.1 | Special | Billboard JAPAN
→菅野よう子 『CMようこ』インタビュー Vol.2 | Special | Billboard JAPAN

「2」の方が90年代多め?
個人的には東京電力のでんこちゃんCM曲が懐かしく感じる

blog: 

2016-06-28 Nik West + John Blackwell @ ブルーノート東京

◎ニック・ウェスト2度目の来日~ジョンはプリンスの思い出話を披露|吉岡正晴のソウル・サーチン

Nik West は Prince とのセッション経験あり、John Blackwell はバンドメンバーだった人。
2曲めに Andy Allo の "People Pleaser"やったのはちょっと意外だった。

このときのJohnは目をつぶって叩いてて、途中で引っ込み、戻ってくると左腕に湿布か包帯をしていて、たぶん演奏する枠だったところが Princeとの思い出トーク(一緒にサブウェイに行ったときの話とか)になったりしていた(トーク自体はすごく面白かった)。この直後 Johnの脳腫瘍が判明し、本国に帰れなくなってしまったのだった。相当しんどかったのだろうなぁ...

JUST IN THE NIK OF TIME JUST IN THE NIK OF TIME
Nik West

SWEET SOUL RECORDS 2013-11-23
売り上げランキング : 81425

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Music