Music

Loading

2016-11-30 George Clinton & Parliament / Funkadelic @ Billboard Live Tokyo

誰もが認めるファンク界の最高峰、ジョージ・クリントン&PARLIAMENT/FUNKADELIC 来日記念特集 | Special | Billboard JAPAN

11/30の21:30スタート2回目。満員。
ビルボードライブではわりと見てるけど、さすがP-Funk、なんか他の人たちと違う。
一斉にではなく、バラバラとステージに上がってきてやおら演奏をおっぱじめた。最終的には総勢15-16人くらいが狭いステージにひしめく。
George翁用には椅子が用意されている。
音がでかい。最初の方、メタルっぽい。ボーカルあんまり聞き取れず。中盤からは怒涛の名曲群を一通り。
途切れず、延々と続く。 気づけば110分近く(通常ビルボードライブって90分未満)これがP-Funkだったか、そうか。
Georgeは元気そうだ。。ここで見てきたレジェンド達は杖をついてたりってこともよくあるけど、そんなこともなく。声もそんなにかすれていなかった。(まあポイントポイントでしか動かないこともあるけども。そこにいることに意義がある。)
初めて見たP-Funk、すごかった。。

メンバー。
Gary "Madbone" Cooperがいた。Michael "Clip" Payneがいた。
Georgeの息子、Tracey Lewisがラップ。昔の Georgeっぽいエクステをつけてメタル的なギター弾いてたのはTrafael Lewis、Georgeの孫だった。
リードギターは Dewayne “Blackbird” Mcknight , キーボードに Amp Fiddler
ギターの Garrett Shider は Gary Shider の息子か。
3世代で構成されていたのか。。
だいぶメンバーも減ってきちゃったかと思いきや、息子世代が中心でまだまだいけそうだった。

クラブ空間を興奮の坩堝に陥れたジョージ・クリントン軍団。ステージの上から興奮を焚き付ける怒涛の85分を渾身のレポート | Daily News | Billboard JAPAN

ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録 ファンクはつらいよ
ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップから
マザーシップまで旅した男の回顧録

ジョージ・クリントン 丸屋九兵衛(解説)

DU BOOKS 2016-07-15
売り上げランキング : 31113

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

4Ever / Prince

4EVER 4EVER
PRINCE

WEA 2016-11-24
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る by G-Tools

→Prince - 4Ever (CD) at Discogs

ワーナーから出たベスト盤2枚組。
カバーアートの写真は Herb Ritts撮影の未発表のもの。

78年デビューから、ワーナーと喧嘩をおっ始める93年までのセレクション、、か。ワーナーでも"Come" "Chaos and Disorder""Old Friends 4 Sale""Black Album"は入っていない("Come"からは入れてほしかったなー)。
主にシングル用のエディットバージョン。
7曲はCD初収録と謳われている(が、discogsによると実際には既発のものも含まれてるらしい)。

未発表曲は82年の"Moonbeam Levels"。十数年前にRealAudioフォーマットで出回っていたのを見たことがある。

blog: 

デンセンマンありがとう デラックス・エディション

小松政夫、伊東四朗他/デンセンマン ありがとう デラックス・エディション 小松政夫、伊東四朗他/デンセンマン ありがとう デラックス・エディション
小松政夫、伊東四朗他

SOLID RECORDS 2014-10-28
売り上げランキング : 29707

Amazonで詳しく見る by G-Tools

みごろ!たべごろ!笑いごろ! - Wikipedia
デンセンマン - Wikipedia

1977年8月発売の「デンセンマンありがとう」CD復刻。
全編にわたって小松政夫の歌謡ショー的な司会でつながれている。「デンセンマンの電線音頭」はシングル盤とは別バージョン。
「しらけ鳥音頭」は友川かずきとしらけ鳥宴会団名義のもの。少し訛りが入ってすらけ鳥になっている。。
「ありがとうデンセンマン」は なぎらけんいちが歌っていて公式ディスコグラフィーにも載っている。
なぎら健壱 LPレコード|Brooks Communications

ボーナストラックが3曲。「桂三枝の電線音頭」はカバーか?と思ったらそうではなくて、「みごろ!たべごろ!...」以前のNETの番組「ドカンと一発60分!」で歌われていたこちらが電線音頭のオリジナル(ただし売れなかったらしい)。小松政夫と伊東四朗はこの番組にも出ていたのだそう。こっちは結構ひどい歌詞!番組自体も俗悪番組として打ち切られてしまったらしい。

blog: 

Knee Deep in the Hoopla / Starship

フープラ
フープラ スターシップ

SMJ 2013-07-23
売り上げランキング : 271226

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Knee Deep in the Hoopla - Wikipedia

"We Built This City"はBernie Taupinも作者の一人だったのか(70年代Elton Johnとのソングライティングチームで有名)。でも今聞いても恥ずかしい。
(5)をMichael Boltonが書いてるのはさもありなん。
ベース、ほとんどシンセベースだな。。。
Grace Slick の肩身が狭い。弱い曲しか貰えてない感。それで88年になるとまた脱退してしまうのだった。。

blog: 

変DISCO

変DISCO 変DISCO
ヴァリアス

ソニー・ミュージックダイレクト 2016-03-29
売り上げランキング : 67703

Amazonで詳しく見る by G-Tools

→◎1970年代ディスコの珍盤奇盤コンピ登場 | Masaharu Yoshioka

国内企画物ディスコのコンピレーション。ライナーは吉岡正晴で懇切丁寧な解説が。

(3)のエボニー・ウェッブって
→Ebonee Webb Discography at Discogs
メンフィスのグループで、赤坂ムゲンでハコバンやってたときに録音されたのが「ディスコ お富さん」

(11)のミッチー長岡。当時はSHOGUN。今は大野雄二のルパンティックファイブですな。ベースすごくかっこいい

(12)「花笠音頭」は三橋美智也でバックは寺内タケシのグループ。まー歌うまい。でもどうしてもカールのCMソングを思い出す。

(15)「ぼくはハト」は映画「はだしのゲン Part3」(1980)テーマソング。原田潤は「ぼくの先生はフィーバー」の人。曲は平尾昌晃。
映画自体もオープニングで原田潤と子供ダンサーズがこの曲を歌いながら踊ったりというイカれたものであるらしい...(未見)
→赤塚不二夫&タモリがゲンをボコ殴り! 『進撃の巨人』よりもはるかにヤバイ実写版『はだしのゲン』があった! - ライブドアニュース

blog: 

ナムジュン・パイク、没後10年、2020年笑っているのは誰 @ ワタリウム美術館 Nam June Paik

watari-um - exhibition ナムジュン・パイク、没後10年、2020年笑っているのは誰

 

後期展示、1990年以降の歩み。

今回、1984/6/18に作品集『タイム・コラージュ』刊行記念として原宿ピテカントロプス・エレクトスで行われたパフォーマンス映像が流れている。
ナム・ジュン・パイク、坂本龍一、細野晴臣、高橋鮎生、高橋悠治、立花ハジメ、三上晴子
によるインプロヴィゼーション。元のパフォーマンスは60分だったようだが、流れてるのは48分で前段の挨拶などが10分くらい。
かなりグダグダな冒頭の紹介、挨拶では教授がパイクについて「高校生の頃見てた。美術手帖とか買って。かっこよかった」みたいなことを言ってる。
教授は最初エフェクトがかかったおもちゃのラッパを演奏。ピアノを片手で弾きながらなど。やはり演奏の仕方が音楽的。途中でカット。
パイクはピアノを一音弾いて徘徊する、マイクでうなる、など。
細野晴臣は後ろの方でキーボード担当だが、姿はほとんどわからない。
高橋悠治は主にトイピアノを弾いている
立花ハジメはギター
三上晴子はオブジェ制作。途中で教授らも加わる。
映像的には教授とパイクと高橋悠治以外はよく見えない。

ワタリウム美術館(ギャラリーワタリ)とパイクの関係も深いので、かつてこの場所で行われたパフォーマンスの映像やここで初公開された作品なども多い。

ヨーゼフ・ボイスとパイクの1984年草月ホールのパフォーマンス映像も。ピアノデュオのセッティングだがボイスはピアノを弾かずマイクで雄叫びをあげている。

本展のグラフィックデザイン、グルーヴィジョンズだって。

2006年の追悼パフォーマンス"Farewell NJP"で坂本龍一が破壊し、ステージ内外を引きずり回したバイオリン...

ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=?? ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??
ワタリウム美術館

平凡社 2016-10-27
売り上げランキング : 678629

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Bookmarks for 2016-10-15 #Prince

Watch Chaka Khan and Stevie Wonder perform at Prince tribute

Watch Chaka Khan and Stevie Wonder perform at Prince tribute

Prince was honoured with a tribute concert lasting almost five hours in his homestate of Minnesota yesterday evening. The gig, at the Xcel Energy Center in St. Paul, featured a cast of 15 performers i...

はてなブックマーク - Watch Chaka Khan and Stevie Wonder perform at Prince tribute はてなブックマークに追加

How Thursday's Prince tribute was saved: Concert promoter 'put Humpty Dumpty back together again' | Star Tribune

 Concert promoter 'put Humpty Dumpty back together again' | Star Tribune

Prince How Thursday's Prince tribute was saved: Concert promoter 'put Humpty Dumpty back together again' Stevie Wonder, left, and Tori Kelly will perform Thursday for the official Prince tribute. — Ma...

 Concert promoter 'put Humpty Dumpty back together again' | Star Tribune はてなブックマークに追加

Mikiki | プリンスはなぜ世界を変えた?  沼澤尚&森俊之がNOTHING BUT THE FUNKの出会いとミネアポリスのグルーヴ革命を紐解く(1/2) | INTERVIEW | JAPAN

Mikiki | プリンスはなぜ世界を変えた?  沼澤尚&森俊之がNOTHING BUT THE FUNKの出会いとミネアポリスのグルーヴ革命を紐解く(1/2) | INTERVIEW | JAPAN

プリンス の急死がいまだ大きな影を落とすなか、彼の音楽遺産を受け継ぐ日米混合ファンク・バンド、 NOTHING BUT THE FUNK (以下:NBTF)が約3年ぶりに再集結。10月13日(木)、16日(日)にBillboard Live TOKYO、10月14日(金)に広島CLUB QUATTRO、10月15日(土)にBillboard Live OSAKAでそれぞれライヴを行う。 日本を代表...

はてなブックマーク - Mikiki | プリンスはなぜ世界を変えた?  沼澤尚&森俊之がNOTHING BUT THE FUNKの出会いとミネアポリスのグルーヴ革命を紐解く(1/2) | INTERVIEW | JAPAN はてなブックマークに追加

Prince's vault of unreleased music reportedly on sale for $35 million

Prince's vault of unreleased music reportedly on sale for $35 million

A deluxe edition of 1984’s Purple Rain  could be released in early 2017. Prince’s massive vault of unreleased recordings is reportedly up for sale for as much as $35 million. According to Billboard , ...

はてなブックマーク - Prince's vault of unreleased music reportedly on sale for $35 million はてなブックマークに追加

blog: 

Day Breaks / Norah Jones

→Day Breaks - Wikipedia, the free encyclopedia
→Norah Jones - Day Breaks (File, Album) at Discogs

(1)(7)(8)(12)に Wayne Shorter(sax)、(3)(11)に Dr.Lonnie Smith(org) が参加。

(6)のNeil Youngカバー "Don’t Be Denied"が良いなぁ。

Day Breaks Day Breaks
Norah Jones

Blue Note Records 2016-10-06
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Music