Pro-Wrestling

Loading

NJPW 新日本プロレス LION’S GATE PROJECT7 @ 新宿FACE

試合結果 LION’S GATE PROJECT7 (2017/7/4)


成田蓮デビュー戦。成田蓮 x 海野翔太は意外にも引き分け。
八木哲大 x TAKAみちのく


北村克哉の化物感。中西さんが人間に見える。
ダイナソー琢磨、天山からツノを奪うなどw
ダイナソーが人気ある!女子から「かわいいー」との声が。


川人拓来 x ディック東郷。川人、いい表情してる。ディック東郷のフルコース出た。


休憩後の後半戦からはTAKAが本部席で見ていた。
小島聡 x 岡倫之


YOSHI-HASHI x 岩本煌史。岩本のセコンドには青柳。売店には中島洋平が。細かいところで噛み合わない感もあったような。


永田裕志 x GO浅川

吉田綾斗の顎骨折で急遽変更になったメイン。吉田綾斗のような若手はk-dojoには他にいないから、ちょっとこのカードには無理があったか...
浅川は腕の動きが小さく、どの動きも流れてしまうように見える。
とはいえ、同期のダイナソーがあれだけ人気あったのと比べると、もうちょい下のカードだったらなぁ、とかわいそうではあった。

なお、永田さんの顔を撮りすぎたのでまた別エントリに上げようと思う。。
永田さんの腕固め | Cafe de Shrimp


永田さん、浅川に苦言を呈しつつ、ヤングライオン杯開催をぶちあげる。

最近デビューした若手をまとめて見られるし、オーソドックスな攻防をじっくりやってくれる良い興行であった!

獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス) 獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス)
獣神サンダー・ライガー

イースト・プレス 2017-07-07
売り上げランキング : 1807

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Gスピリッツ Vol.44 スーパータイガー

Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック)

辰巳出版 2017-06-28
売り上げランキング : 447

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『Gスピリッツvol.44』

GスピもUWFブームに乗っかって来たようだ。スーパータイガー特集ってことで、佐山聡が語る第1次UWF。タイガージム、スーパータイガージム関連の写真資料が豊富!第1次UWFの公式ルールまで完全掲載されている。
北原がスーパータイガージムの元インストラクターとして証言。基本的におっかねえ...っていうのと、北原がプロレスに行くってなったときのエピソードはちょっと胸が熱くなるやつ。おそらく佐山師匠が本当に信頼している人って殆どいなくて、北原は(たぶん今でも)その一人なのだろうなー

北沢幹之、寺島 第一自動車社長(当時)というまともな感じの人々の話が載っているのも良い。

ベイダーがKAMINOGE vol.66に続きこっちにも登場。一緒に載っているのが例のドラディションで卒倒しているときの写真...こわいからこわいから... で、やっぱり記憶の問題は言ってるんだけど、デビューしてからベイダーになる前あたりまでの話がかなり深掘りされていて素晴らしい。

犬猿の仲となっていたキラー・カーンとグラン浜田 の対談... ここでタンバ(アブドーラ・タンバ)の話が出てくるとは。。

日本では国際、全日本、新日本に参戦したイ・ワンピョのインタビュー。韓国マット界(というかキムイル=大木金太郎)は朴正煕政権とも関わりが深くて底なし沼感ある。

blog: 

KAMINOGE vol.66

KAMINOGE vol.66 KAMINOGE vol.66
KAMINOGE編集部

東邦出版 2017-05-22
売り上げランキング : 21573

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブル中野の阿部四郎追悼インタビュー。あの当時の全女の中にあって本当に誰からも慕われていたらしい。弟の五郎氏の存在も気になる...
ベイダーは昔の話を振られてもほとんど記憶失われている(これは怖い...)、もしくは最初から知らないと。オブライトとは仲悪かったっぽいな

みうらじゅんはKAMINOGEに登場したことに意義がある。

blog: 

みちのくプロレス2017年東京大会 Vol.3 ムーの太陽祭・2 -異端邪説-

試合前、欠場中のハヤト挨拶、沼二郎の歌からの、テッドさん命日が6/15ということで黙祷。

みちのくに来てからの拳剛は初めて見たが、すごくレスラーらしくなっていた。
ラッセが一時帰国。そしてさらにボリュームアップしていた。プニョプニョじゃないか!
週プロモバイルの試合後インタビュー読むと、あんまり試合もしてないらしいしw


日向寺、南野 vs ken45°, 卍丸 は両者リングアウト!なんと久しぶりな。
1発1発の凄みが。


ヤッペーマン4号。"HAMA"って書いてあるけど..


藤田が面白すぎる。

メイン「ムーの太陽祭特別試合『会場が揺れる!洪水がスプラッシュ!脳が麻痺する秘密の香り!選手が飛び出しあなたも飛び出す!墓の中のご先祖様が飛び起きる!プロレス界初超立体4Dマッチ~観るだけでいいのか?感じるんだ!!!祭のあとはあなたの夢もきっと4D~』」
ザ・グレート・サスケ, ニューセーラーボーイズ vs バラモンシュウ, バラモンケイ, 白使

プロレス史上初、4Dの説明。4Dは手動なのでボディスラムなどのタイミングで観客が椅子ごとジャンプする必要がある。4Dメガネはむしろ着けない方が迫力が感じられるでしょう(と、郡司が4Dメガネをぶん投げるw)
場内、大「4D」コール

セコンド陣が適切なタイミングで匂いや風を客席に。

リングサイドのお客さんは自主的にレインコート着用。

 
ニューセーラーボーイズ、ひとしきり踊る(シュウとケイ、場外でダメージを受ける)


レモン。


着々と椅子をセッテイングするサスケ。しかしやっぱり自分で喰らう破目に。


歯磨き粉、コンビニ袋、ケツ、アイスクリーム、ボーリング。

 
メシア降臨を決めそうになったところで白使が登場。
白使、エアボーリング

 

 


いろいろあって、結局みんなでメシア降臨。

blog: 

2017-05-28 DDT Audience2017 @ 後楽園ホール

Audience2017 | DDTプロレスリング公式サイト


元ワンチューロ、ディエゴとして登場。竹下&彰人のユニットに加わる。


煽りパワポは「復帰戦における新必殺技の重要性について」。

スーパーササダンゴマシン x 飯伏プロレス研究所の新技開発の模様はKAMINOGE vol.66に詳細が。

DDT初登場、ロッキー川村の異様なキャラはDDTファンに即受け入れられていた...

石川が三冠王者でいる間は蹴らない、と佐々木大輔が宣言、からの、石川ハグ。

KAMINOGE vol.66 KAMINOGE vol.66
KAMINOGE編集部

東邦出版 2017-05-22
売り上げランキング : 2669

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

証言UWF 最後の真実

証言UWF 最後の真実 証言UWF 最後の真実
前田 日明 藤原 喜明 山崎 一夫 船木 誠勝 鈴木 みのる

宝島社 2017-05-17
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1984年のUWF」へのアンサーとして出されたのですかね。
あっちが当事者に取材していない(!)のに対して、こっちは当事者の発言しか載っていない。前田が本間や柴田の話してるのでかなり最近の取材のようだ。
第1次Uは佐山前田のセメントマッチ、業務提携時代は長州顔面蹴りのところのみ、第2次はカネの話、土壇場での選手結束からの分裂まで とトピックをかなり絞り込んでいる。

まあ、宮戸周りの話がねぇ...結局、前田は今でも(!)宮戸を新弟子扱いしていてブレない(実際中2の頃から面倒見ているので新弟子というか子供みたいな感覚なのかもしれない)。

上井インタビュー、新日を取り仕切ってた時代(00年代)に"あの人"が現れたっていう話は戦慄。。。

当事者発言だから信用できるっていうわけでもない。特に事務方の人々はほんと怪しい人たち混じってるし...それでも各々の発言から浮き上がってくるものもあるようだ。。

blog: 

KAIENTAI DOJO CLUB-K SUPER evolution15

KAIENTAI DOJO 15周年記念大会 CLUB-K SUPER evolution15 | KAIENTAI DOJO

リングは夜の新日本のを使っているようだった(鉄柱がそれっぽかった)


第一試合はイサミ, KAZMA, 関根龍一,山縣優のOB軍。


本田アユムは内藤&真輔の影響が出すぎなような...もうちょっと消化してほしいところだ。


飯伏幸太vsTAKA。飯伏は今年国内2戦目だそうで。入場は「27」(やっぱりこれがいいねー)。ハサミを持ってw (かつて酔っ払ってTAKAの前髪を切ったアレ)。


飯伏、昔と比べてすごく変わったと思うのは技の手数が減ったこと。その代わり、一つ一つやるたびに客席がドッと湧く。今回はこの相手だから特にそうだったかも。


終了後、ハサミを手に猛ダッシュで退場。クレイジー。


ユニット名の凶月(まがつき)がいつまでたっても覚えられない。。。
タンク永井は安定感があった。試合前マイクうまかった。魔界で鍛えられているのか。そういえば何となくTARUっぽい試合の始まり方だったような。


真霜は全日本のチャンピオンカーニバル中、結構きついだろうなぁ。
吉田綾斗 はキャリア2年なのか。メインとはなかなか大胆な。でも体格がいいのと総合のバックグラウンドがあるっていうことで、将来性を感じさせる。大切にしてほしいですな。
次の挑戦は、なんとイサミなんだそうだ。

blog: 

大怪獣モノ

大怪獣モノ [Blu-ray] 大怪獣モノ [Blu-ray]

キングレコード 2017-03-22
売り上げランキング : 12624

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大怪獣モノ - Wikipedia

河崎実作品、例によってレスラーが参加だが、今回は飯伏幸太が主演(制作側の期待通りにセリフ棒読み)。
飯伏(主人公の第2形態的なやつ?)と大怪獣モノが戦うシーン。設定は無茶苦茶だが、不思議なことに真っ当な映像に見えてきた。。おそらく円谷的な特撮の文法でちゃんと撮っているからだろうけど。
そういえば博士役はウルトラマンレオだった。レオのアクションにはプロレス的な動きが取り入れられていたという。
大怪獣モノの造形はなかなか良い。
赤井沙希のアクションもわりとかっこいい。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Pro-Wrestling