Exhibition

Loading

第19回文化庁メディア芸術祭

第19回文化庁メディア芸術祭



17時過ぎると人がぐっと減り、そもそも何が行われているのかがわかるようになる。だいぶ印象が違ってくる。
エンターテイメント部門大賞の岸野雄一、「正しい数の数え方」本編は満杯で見られなくて、常盤響とのトークを。連日の上演でお疲れのようではあった。CSV渋谷の話も出ていた。「スタジオでは色々録ったね、人生とか」って言ってた。歴史は脈々と繋がっておるのだな。
「正しい数の数え方」子供向け音楽劇なんだけど、曲はTom Waitsのカバーとかもやってるらしくて。今後何らかの形で見られると良いのだが。

blog: 

新春 えびすリアリズム -蛭子さんの展覧会-

新春 えびすリアリズム | PARCO MUSEUM | パルコアート.com

パルコミュージアムの蛭子能収展。当然ながら全く新春っぽさの無い...漫画原稿と絵と。
絵は大部分が 2011年作。「自由自在(蛭子能収)と臨機応変(根本敬)の勝敗なき勝負」やり直し展」(2013)で見たことがあるものだった。
漫画は、頻繁に人を刺し殺している。


生きるのが楽になる  まいにち蛭子さん(日めくり) 生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)
蛭子能収

パルコ 2015-11-30
売り上げランキング : 2094

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

東京アートミーティングVI "TOKYO"-見えない都市を見せる

東京アートミーティングVI "TOKYO"-見えない都市を見せる

東京都現代美術館

YMO+宮沢章夫/ 蜷川実花/ホンマタカシ/松江哲明 他がキュレーション。

YMO+宮沢章夫は「ニッポン戦後サブカルチャー史」ともリンクする内容。


 

 
富士フイルムのカセットテープCMなどで使われた衣装。CMも流れていた。


YMO結成の記者会見で横尾忠則が着るはずだったタキシード。


ふーん。藤幡正樹ってこういうのやってたんだなー。
まあ私の知ってる藤幡はただのクソ教授でしたけどね。

他にも色々ございました。やはりChim↑Pom嫌いだわー

blog: 

藤子・F・不二雄ミュージアム「のび太の日本誕生と時空の旅」

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

二度目。
今の企画展は「のび太の日本誕生と時空の旅」。「日本誕生」は88-89年の大長編。最後までストーリーはわかる展示。自分が読んでた頃とドラの画風が微妙に違ってきているような。敵キャラのギガゾンビってすごい名前。。。

16時からだと、 やっぱり18時閉館まで時間の余裕がない。(前行った時は4時間いたらしい)
藤子・F・不二雄ミュージアム に行ってきた | Cafe de Shrimp

大長編ドラえもん (Vol.9) (てんとう虫コミックス) 大長編ドラえもん (Vol.9) (てんとう虫コミックス)
藤子・F・不二雄

小学館 1989-07
売り上げランキング : 50520

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

EXPO’70 パビリオン (旧鉄鋼館) [2]

EXPO’70 パビリオン (旧鉄鋼館) [1] | Cafe de Shrimp

旧鉄鋼館、ホール周りの通路部分をそのまま展示スペースとしている。展示物の数は多く、じっくり見たらかなり時間かかるだろう。

初めて知ったこと。各国、各企業に混じってモルモン教がパビリオン出してたこと。

日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑---EXPO’70 GIRLS COLLECTION (らんぷの本) 日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑---EXPO’70 GIRLS COLLECTION (らんぷの本)
大橋 博之

河出書房新社 2010-06-18
売り上げランキング : 329289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

EXPO’70 パビリオン (旧鉄鋼館) [1]

EXPO’70 パビリオン | 万博記念公園

EXPO’70パビリオンとしてのオープンは2010年。比較的最近。
鉄鋼館


膨大なスピーカーが並ぶ鉄鋼館のホール部分(中には入れない)。万博後も恒久的に利用されることを想定していたが、使われなかったのだという。


天井や壁は剥落が見られる。


この辺は元々太陽の塔内部にあったものではないかと推測。

つづく。
EXPO’70 パビリオン (旧鉄鋼館) [2] | Cafe de Shrimp

EXPO'70パビリオン 大阪万博公式メモリアルガイド EXPO'70パビリオン 大阪万博公式メモリアルガイド
橋爪 紳也

平凡社 2010-11-26
売り上げランキング : 47962

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Exhibition