NJPW

ドン荒川

最後に見たのは2006-6-18のビッグマウスラウドか。レフェリー柴田勝久だなぁ...
ビッグマウスラウド 6/18 後楽園 | Cafe de Shrimp

インタビューとしては、2011年のGスピリッツ誌で橋本について語ったのが最後か?
Gスピリッツ Vol.21 | Cafe de Shrimp

プロレスラー、ドン荒川さん死去…「ひょうきんプロレス」で新日本の前座戦線を沸かす : スポーツ報知

blog: 

アントニオ猪木全集10 闘魂ロード -未知の強豪達- 其ノ壱

アントニオ猪木全集10 闘魂ロード~未知の強豪達~其ノ壱 [DVD] アントニオ猪木全集10 闘魂ロード~未知の強豪達~其ノ壱 [DVD]

東北新社 2005-03-25
売り上げランキング : 171578

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アントニオ猪木全集 (5000セット限定) [DVD-BOX] | 新日本プロレスDVDサイト
74-79年の外国人選手との試合、かなり地味めな相手も含む。
ビリー・グラハム(76年)はたぶんあの頃だと「ショーマン」みたいな言われ方されていたと想像するが、今だとこっちの方がスタンダードな感じがする。そもそもホーガンの原型だし。
パット・パターソン戦(74年)が一番印象的。パターソンの首4の字、この技でこんなに凄みが出るものなのかと。締めすぎて猪木からるーしーが出ちゃってるんだけど、もはやこれは唾液じゃなくて小ゲロ...これテレビで流れたんだよなぁ。
79年のジャック・ブリスコ戦で「コップ治療の跡」がお目見えしている。試合後、猪木が札束を受け取り紙帯を破ってリングサイドにばらまくという狂気の行動。
しかし、70年代のミスター高橋はなんであんなにシャツがスケスケなのか。

アントニオ猪木全集2 新日本プロレス創造 [DVD] | Cafe de Shrimp
あと何枚あるんだろう。全然見終わらない。。

blog: 

AJPW 全日本プロレス 2017旗揚げ記念シリーズ最終戦 @ 横浜文化体育館 秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会

10.21横浜文化体育館大会[観衆]1870人

秋山準&大森隆男デビュー25周年記念大会ということでセレモニーが。
ビデオメッセージ、ドリーさん、中西、永田。
望月みたいな人がいると思ったら橋誠氏だった。本当に秋山-橋のつながりは深い。


小橋、川田


ヨシタツ、完全に全日本のシリーズに組み込まれているのだな。それで、宮原と組むようになってるの?
そして、未だにハンタークラブのTシャツを着ている...
技受けまくってて、初めてこの人に対してがんばってほしいなと思った。この時点では。


青木&佐藤光留の安定感。


TAJIRIがレフェリー不在の中の毒霧からの流れでJr奪取。中島洋平が名乗りを上げるが微妙な空気。


蛍光灯を持ってきた伊藤竜二。セコンドのノムタクが悩みながら片付ける。
関本がもう...今回は若干アウェイ感あるなかずっと吠えてて、もう獣のようで凄すぎるわ。


諏訪魔vsジョー・ドーリング。大丈夫だろうかと思ったが、まあ何とか。。ジョーが三冠奪取で、両国のアレから続いた抗争も一区切りか。


ヨシタツが挑戦表明。喋ってた内容によるとWWEで一緒だった時期があるみたいだ。
しかし、まだ全日本で実績がない上、あまりにも棒読みなマイクが酷すぎたか、場内の反発はものすごく、マイクをかき消すようなブーイング
と「ジョー」コールでなんかすごい雰囲気に。

アンダーカードも含めて内容は安定(この間のノアと比べものにならない)。上からのライトもスポットもちゃんとあるし。
でも客の質が...ごく一部なんだがな。自分の席にも誰か座ってたしなー(二重発券かもわからんけど)。
あと、地方大会のカードをVTRで延々アナウンスするのは無駄だからやめてほしい。なぜ時間をそんな贅沢に使うのかとw

blog: 

「1000のプロレスレコードを持つ男EP 2タイトル」リリース記念 清野茂樹 x 外道 スペシャルトークショー

【10/15(日)16:00~】HMV record shop 新宿ALTA 1周年記念&『1000のプロレスレコードを持つ男EP 2タイトル』リリース記念! 清野茂樹×外道選手 スペシャルトークショウ 開催決定! HMVレコードショップ

キヨアナの実況含むEPが2種類HMV record shopから出たので、その記念での外道とのトークショー。外道が好きな音楽について語る。
HMV record shop新宿ALTA店。30人強くらいだったろうか。若い人の方が多い。

まずはキヨアナ、10.9のCHAOS控え室 想像実況。そして外道を呼び込む。
ヒゲ話。外道のヒゲは2周年。

外道に"レェェェベルの違う3枚"を選んでもらう企画。そこから一曲ずつかけていく。なんだかハーリー&レイスをそのまま見ているかのような。
モノノフ邪道について「昔はRCサクセションばっかりだったんだけどねぇ」と。
中学くらいから音楽に目覚めたという外道さんが最初に買ったアルバムが

頭脳警察3(紙ジャケット仕様) 頭脳警察3(紙ジャケット仕様)
頭脳警察

SPACE SHOWER MUSIC 2012-03-27
売り上げランキング : 114326

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

なんと「頭脳警察3」だったと。そこから「歴史から飛び出せ」を。
周囲とは共有できないことがわかっていたから自分だけで聞いていたらしい。

2枚目は

ザ・ハーダー・ゼイ・カム ザ・ハーダー・ゼイ・カム
サントラ ジミー・クリフ

ユニバーサル ミュージック 2017-03-28
売り上げランキング : 157331

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

なんと"Harder They Come"のサントラ。しかもそこからかけたのは The Maytals "PRESSURE DROP"(「レゲエというかスカですね」)。
映画自体は大したことなかったけど、みたいな話から、映画もNetflixでよく見る(HMVのイベントなのに..w)とか、ライブや映画館は行かず部屋で聞く/見るのが集中できるし心地いいとか。

3枚目が

SCREW DRIVER SCREW DRIVER
ストリート・スライダーズ

エピックレコードジャパン 1995-01-04
売り上げランキング : 20699

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

ストリートスライダーズの"Screw Driver"。最初「かえりみちのBlue」は地味すぎると言って「ありったけのコイン」をかけようとしたが、結局両方かけた。

もう一枚、プロレステーマ曲で1枚、というところで

Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd
Lynyrd Skynyrd

Mca 2001-11-20
売り上げランキング : 29703

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

レイナード・スキナード "Free Bird"。マイケル・ヘイズ、テリー・ゴディ、バディー・ロバーツのファビュラス・フリーバーズ入場曲(全日本プロレス来日時)であった。
ここでキヨアナが、マイケル・ヘイズはレコードを結構出していると言って、キヨアナ秘蔵のシングル盤(国内未発売らしい)を出したところ、外道さん「それ持ってました」と!
マイケル・ヘイズはレスラーとして見るとゴディの方が全然上なのだが、今でいうとオカダみたいなガウンとか入場時の佇まい全般が良かった、とのこと。
(会場の若い人達にはこの話届いていたのだろうか...)

ここまでコアなセレクション来るとは全く思っていなかった。おそるべし。

なお、外道さん単独でトークショーは初めてじゃないかと言っていた。

1000のプロレスレコードを持つ男ep.名勝負数え唄編 (7インチアナログレコード) | ローチケHMV - HR7S060
1000のプロレスレコードを持つ男ep.新日本×UWF編 (7インチアナログレコード) | ローチケHMV - HR7S061

1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館 (立東舎) 1000のプロレスレコードを持つ男 清野茂樹のプロレス音楽館 (立東舎)
清野 茂樹

リットーミュージック 2017-03-24
売り上げランキング : 154240

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

blog: 

アントニオ猪木全集2 新日本プロレス創造 [DVD]

アントニオ猪木全集2 新日本プロレス創造 [DVD] アントニオ猪木全集2 新日本プロレス創造 [DVD]

東北新社 2005-03-25
売り上げランキング : 76911

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アントニオ猪木全集 (5000セット限定) [DVD-BOX] | 新日本プロレスDVDサイト

旗揚げ戦のゴッチ戦はフィルム。謎のカット割りのため、試合そのものが今ひとつ把握できない。
ゴッチはテーズとのタッグも収録されているけど、あの独特の動きと佇まいは印象的。

一番すばらしいと思ったのは1975/12/11の60分3本勝負 ビル・ロビンソン戦。60分フルタイムでも飽きさせないロビンソンの動きの多彩さ。

ジョニーパワーズ戦初めて見たかも。

試合後にエプロンに立って客席を睨みつけ警戒するセコンド陣(藤原とか)、組の人にしか見えない。

blog: 

2017-10-09 NJPW 新日本プロレス KING OF PRO-WRESTLING @ 両国国技館

大会結果 KING OF PRO-WRESTLING



ダリル登場。


YOH & SHO


BULLET CLUBvsCHAOSは最後のスカルvs邪道でちょっと場内がトーンダウンしてしまって尻すぼみ感。そんで、このメンバーの中だとYOSHI-HASHI動きが小さい。。



ヒロムはアピールしようとしたところで指パキされてのたうちまわる


圧倒的な内藤支持


オカダは体絞った?


EVILは長時間でもダレるところもなかったし良かったのでは。
試合後のドームに向けたマイク合戦は内藤人気の強さを再確認させる展開。

最近の新日はアイテムを使う試合が多い。9試合中ダリルも含めると4試合か。

blog: 

アントニオ猪木全集9 闘魂浪漫 -伝説の戦い- [DVD]

アントニオ猪木全集9 闘魂浪漫~伝説の戦い~ [DVD] アントニオ猪木全集9 闘魂浪漫~伝説の戦い~ [DVD]

東北新社 2005-03-25
売り上げランキング : 130088

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アントニオ猪木全集 (5000セット限定) [DVD-BOX] | 新日本プロレスDVDサイト

アントニオ猪木全集のバラ売りがtower.jpでセールになっていたので、あるだけ買った。いまや新日本プロレスワールドで普通に見られるものもあるかもしれないけど。。。

これは、事件性のある(?)試合のコレクション。バックランドと組んでのハンセン&ホーガン戦だけはあんまり関係ない。

韓国でのパク・ソンナン戦。猪木が目ん玉に指突っ込んだというのは、この前日の話で映像は残っていないらしい。収録されている試合は至って正常なプロレス。だが、試合後には自国のスターが二連敗したことに観客が怒り、暴動が発生したという。
アクラム・ペールワン戦はテレビ中継時のままだと思われ、猪木の解説つき。映像では全然わからないのだが、ここでも猪木は目ん玉に指突っ込んだと言われている。
グレート・アントニオ戦はほんと酷くて、延髄にパンチを入れられたところで猪木がガンガン顔面を蹴り上げて試合終了という...
いわゆる「シュツットガルトの惨劇」はローランボックが怖い怖い。熊みたいだもの。

80年代後半の暴動で有名な2興業も。
海賊男事件、海賊男が間違っちゃったところからの、各自の振る舞い。たぶん本当は試合の中で整合性が取れていたであろう動きが、もはや何の脈絡もなく実行されていく...戦慄。
TPG事件、猪木のDVDなのでおにぎりが飛び交った長州マサvs藤波健吾のところは超ダイジェスト。
どちらもゆるすぎるプランニングで大イベントをやることの恐ろしさを知らしめる資料。

そんなDVDです。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - NJPW