AJPW

Loading

大仁田興業 電流爆破夏祭りin横浜 -邪道軍vs全日本プロレス-


会場は「(社)横浜ヨット協会横 特設会場」。ヨットハーバーと倉庫の間の敷地で、海と直結! 敷地が坂になってるので水平にするためリング下には板が重ねられている。


守部宣孝 vs 藤井健一
長瀬館長,友龍,雷電 vs ショッカー,佐瀬昌宏,佐野直 ショッカーが海に放り込まれる


大野ワイルド翔士,ワイルドシューター2号,ワイルドベアー vs 高杉祐希, ワイルドセブン, ウルトラセブン
セブン来日35周年記念だそうです。。。セブンさん、目一杯腹が出てパンパンな時代(Iジャの頃?)の印象が強烈だったんだけども。随分萎んである意味普通の体になった。
大仁田とは全日本以前、メキシコ時代で知り合っていて、そのときに一緒にメキシコにいたのがワイルドセブンなのだった。
【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生■小佐野景浩のプロレス歴史発見:Dropkick


フィニッシュ直前、後頭部へのボディアタック(というか激突)という謎ムーブも見られたが...
高杉Jrの方はマイティ井上タイプのサンセットフリップなど、いまどきなかなか見られない技を。国際っぽい。

 
下田大作, 松崎和彦 vs ミスターポーゴ2世(2戦目), 橋本友彦。保坂さん、チェーンは持ってきたがあまり使わず。別にポーゴを名乗らんでも良くはないか?
セミがミスモンゴル,ミスコハルvs中野たむ,唯我。ここでやっと会場あったまる。モンゴルさんはベテランっぽさ出てるなー。
 
メイン。
KIYOSHI,青木篤志,諏訪魔 vs リッキー・フジ,雷神矢口,大仁田厚。電流爆破バットマッチ。

2017.7.16 電流爆破夏祭りin横浜〜邪道軍vs全日本プロレス〜 ダイジェスト - YouTube


特別レフェリー ケンドーカシン。とりあえずサブレフェリーを蹴散らす。

カシンさん、*試合中は*至ってまともなレフェリーをやっていた。
 


全日本の方はここでKIYOSHIが出てくるとは。。。何年ぶりだろ(週プロによると2010/4以来だそう)。
青木と二人で新木場からのダブルヘッダーで来たんだろうか。どっちも18時スタート興業だったからかなり綱渡りな移動。

青木はなんかたくさん働いて大変そうだ。


KIYOSHIと青木と大仁田がそれぞれ毒霧をやっていた。

諏訪魔さんは1発目の電流爆破バット(大仁田に向けた)、どうやら段取りを間違えたようだった。あれ、使う順番が決まってるみたいだ。
2発目は大仁田から諏訪魔へ。

3発目、諏訪魔からリッキーさんへ、でピン。だったのだが。。

レフェリー、カシンは大仁田の手を上げる。


カシンと大仁田、諏訪魔に「文句があるなら8/27の全日本両国で決着つけようじゃないか」と(理不尽w)
気づかなかったけどカシン側の一番奥にいるのはブラックタイガーVII。ワイルドベアーとキャラ被りしてるし。。

その後は大仁田劇場。本当は海のところで花火をあげたかったんだが消防からクレームが入ってできませんでした、すんませんと言っていた。

blog: 

NJPW 新日本プロレス LION’S GATE PROJECT7 @ 新宿FACE

試合結果 LION’S GATE PROJECT7 (2017/7/4)


成田蓮デビュー戦。成田蓮 x 海野翔太は意外にも引き分け。
八木哲大 x TAKAみちのく


北村克哉の化物感。中西さんが人間に見える。
ダイナソー琢磨、天山からツノを奪うなどw
ダイナソーが人気ある!女子から「かわいいー」との声が。


川人拓来 x ディック東郷。川人、いい表情してる。ディック東郷のフルコース出た。


休憩後の後半戦からはTAKAが本部席で見ていた。
小島聡 x 岡倫之


YOSHI-HASHI x 岩本煌史。岩本のセコンドには青柳。売店には中島洋平が。細かいところで噛み合わない感もあったような。


永田裕志 x GO浅川

吉田綾斗の顎骨折で急遽変更になったメイン。吉田綾斗のような若手はk-dojoには他にいないから、ちょっとこのカードには無理があったか...
浅川は腕の動きが小さく、どの動きも流れてしまうように見える。
とはいえ、同期のダイナソーがあれだけ人気あったのと比べると、もうちょい下のカードだったらなぁ、とかわいそうではあった。

なお、永田さんの顔を撮りすぎたのでまた別エントリに上げようと思う。。
永田さんの腕固め | Cafe de Shrimp


永田さん、浅川に苦言を呈しつつ、ヤングライオン杯開催をぶちあげる。

最近デビューした若手をまとめて見られるし、オーソドックスな攻防をじっくりやってくれる良い興行であった!

獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス) 獣神サンダー・ライガー自伝(上) (新日本プロレスブックス)
獣神サンダー・ライガー

イースト・プレス 2017-07-07
売り上げランキング : 1807

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

ajpw 全日本プロレス GROWIN’ UP vol.1

3.27東京・新木場1stRing[観衆]274人(超満員)

GROWIN' UP は全日本の新シリーズらしい。会場内ではやっぱり渡辺美里が流れている。


半年ぶりに見た青柳と野村直矢の成長が著しい。岩本は前から良い。

佐藤光留vs秋山準は秋山が光留の土俵に乗った格好。最後は渾身のフロントネックロック。

ジョー人気がすごい
大日本 宇籐はあのメンバーの中に入ってしまうと身体を使いきれていない感

メインはチャンピオンカーニバル出場者の6人タッグ。ところどころ内輪揉めもありつつ。
37分に及ぶ激戦。
ジェイク・リーの成長が著しい

終了後はマイクを奪い合いながらwチャンピオンカーニバル出場者がアピール。
ゼンニッポンコールが起きる。平日だというのによく入ってるし、熱い。新木場で見る全日本、なかなか良い。

blog: 

"東洋の神秘" ザ・グレート・カブキ自伝

“東洋の神秘"ザ・グレート・カブキ自伝 (G SPIRITS BOOK)
ザ・グレート・カブキ

辰巳出版 2014-10-29
売り上げランキング : 254283

Amazonで詳しく見る by G-Tools

昔カブキさんにサインの宛名を書いてもらう時に、むかし同じ名字の人がいてね...みたいな話をしてくれたことがあった。その人のことが出てきた。そしてとんでもない結末が書いてあった。。。そりゃカブキさんも忘れないだろう。

日本マットだけ見ているとあまりピンとこないマサ斎藤との絆の深さ。一番稼いだ良い時代を共に過ごしていたのだな。

日プロ叩き上げの人である。基本、ぶん殴って解決するお話が多い。入門前のキムドクとかサンダー杉山とかグレート草津とか。。
お店でどれだけ穏やかにしていても、やっぱり怖いお人。。。

今でも覚えている人が多いという映画「カランバ」プロモーションでのジープに引っ張られるデモンストレーション。当初提示された案はもっとヤバかったらしい。映画界も狂ってた時代だなぁ。。

blog: 

革命終焉 / 天龍源一郎,嶋田まき代,嶋田紋奈

革命終焉 (G SPIRITS BOOK) 革命終焉 (G SPIRITS BOOK)
天龍 源一郎 嶋田 まき代 嶋田 紋奈

辰巳出版 2015-10-28
売り上げランキング : 336683

Amazonで詳しく見る by G-Tools

嶋田一家の語り下ろし。編集は高木圭介、インタビューは山口雅史 ...ということはTheアサシ(略)
正直あまり期待していなかったのだが、面白かった。カネの話が多いんだ。

まき代氏、もともと商売やってた家の人で経理の知識もあるからWAR以降はそのあたりを全部担っていた模様。天龍の引退試合に行った時、天龍プロジェクトが家内制手工業であることを実感したけど、ずっと前、WARが始まった時からそうだったのね。。
あのファッションも夫人のセンスだったと!

そのほか...
SWS解散時に田中八郎夫人から興行マニュアルを引き継いだと。マニュアル作成、引き継ぎまでちゃんとやってたのだ。レスラーはともかく、SWSのスタッフは本当にちゃんとしていたんだ。。ああもったいない。
SWSの頃のバブリーな家の話。
ハッスルを紋奈氏は今でも許していないようだ。
W-1での健介vs長州のアレ..

blog: 

Gスピリッツ Vol.42 ジャンボ鶴田

Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.42 (タツミムック)

辰巳出版 2016-12-21
売り上げランキング : 838

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ジャン鶴先生特集。
語ってるのは佐藤昭雄(ほぼレギュラー)、キムドク(ほぼレギュラー)、天龍、元 日テレプロデューサー原章、ジャンボ鶴田のお兄さん。
キムドク(仲良かったらしく、珍しいことに全然悪口言わない)がお墓参りにいっているのだが、ジャンボのお墓がすごい。
良い話4割、悪い話6割くらいか。アスリートとして優秀すぎたのが欠点にもなったのかもしれない。「ハイハイ」はいかんよなぁw

ルチャ記事は待望のケンドーさん。ドミニカ出身でメキシコへ、という変わったキャリア。9歳から洋服屋の仕事をしているというから、マスクとコスチューム製作に関わる技術の方が長いのか。今はマスクが90年代に日本でマスク大量に売れたので(?)豪邸住まいと。

blog: 

KAMINOGE vol.61

KAMINOGE vol.61 KAMINOGE vol.61
KAMINOGE編集部

東邦出版 2016-12-20
売り上げランキング : 451

Amazonで詳しく見る by G-Tools

NOAH参戦が一区切り後の鈴木みのるが発言したということからか、連載も前の方に。しかし、WWEが大物に触手を伸ばしている噂はうっすら聞こえてたけど、そうなんだなぁ。どの辺なんだろ。
イタミヒデオは悲壮感が。。
大仁田、渕の対談はちょっと前にGスピリッツでもあったので新味はない。が、新日の選手を凌ぐほど稼いでいるのか。そりゃ人も集まってくるわ。
マッスル坂井xジムオルーク対談でアンディ・カウフマンの話をしてる。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - AJPW