Magazine

生頼範義展 @ 上野の森美術館

生頼範義 (おおらいのりよし) - Wikipedia
250点の原画が公開。イラストレーター生頼範義の大回顧展が1/6より上野の森美術館で開催 | 展覧会情報・写真・デザイン|ADB

一部写真OK。


「ムー」の創刊から5号までの表紙もやっていたらしい。


小松左京、平井和正本の表紙。
原画多数あり。


一連の超精密な点描。これって新聞の印刷とかを考慮して編み出したスタイルらしい。
この辺りも原画あった(「気くばりのすすめ」は無いけど)


代表作「スターウォーズ 帝国の逆襲」国際版ポスターの原画は、たしか習作的なやつだったか。。
「マッドマックス2」ポスター原画あった!これはたまらん。
情報量が多いのだが、映画のハイライト的な場面のコラージュ的な構成が見事。


「グーニーズ」もこの人の仕事だったのな。


「SFアドベンチャー」誌表紙。
ほかにも色々あったけど「パーゴルフ」表紙は細密すぎて絵に見えなかった。タバコ ホープのイラストもすごかった。


オリジナル作品。一連の作品のテーマは戦争体験が影響しているのかも。でも描き方は単にグロテスクじゃないところに昇華している。


「幻魔大戦」のベガ。寺田克也デザイン、竹谷隆之造形。

生賴範義Ⅲ THE LAST ODYSSEY 1985‐2015 生賴範義Ⅲ THE LAST ODYSSEY 1985‐2015
生頼範義

宮崎文化本舗 2016-12-03
売り上げランキング : 20436

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Gスピリッツ Vol.46 1981年8月9日以降の国際プロレス

Gスピリッツ Vol.46 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.46 (タツミムック)

辰巳出版 2017-12-26
売り上げランキング : 1254

Amazonで詳しく見る by G-Tools

→【特集】 1981年8月9日以降の 国際プロレス

ラッシャー木村の次男氏インタビュー、あまり知られていない実像が見えてきて興味深い。晩年の話は悲しい。しかし、あんなラッシャー木村でもストロング小林への怨念はあったという。
そのストロング小林も久々のインタビューを受けているが、相変わらずプライドが高い人という印象。
マッハ隼人も久々に再登場。一般的なイメージとは違い、本人的にはUWFこそが終の住処であったようだ。
高杉正彦が語るパイオニア戦志の話が今回一番おもしろい。基本的には剛の悪口なんだけどもw まあ実際相当ヒドかったんだろう。旗揚げの大仁田厚戦で場外マットをちょっと後ろにずらしたのを戻すの忘れて転落して肩を脱臼、など。

ミスター空中夫人(カールゴッチの娘)、ジェニン空中のインタビューもある。

blog: 

レコード・コレクターズ 2017年8月号

レコード・コレクターズ 2017年 08 月号 レコード・コレクターズ 2017年 08 月号

ミュージック・マガジン 2017-07-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

パープルレイン特集だった。ジル・ジョーンズの抱えている子犬に関する説がちょっと面白かったかな
サージェントペパーズも再びミニ特集が組まれていて、サエキけんぞうがジャイルズ・マーティンにインタビューしている。
ニッティグリッティダートバンド、ちゃんと聞こう。。。

blog: 

Number PLUS プロレス総選挙 2017

Number PLUS プロレス総選挙 2017 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス)) Number PLUS プロレス総選挙 2017

文藝春秋 2017-07-10
売り上げランキング : 156

Amazonで詳しく見る by G-Tools

棚橋の文章、本人が全部書いているのだったら...たぶん書いてると思うけど...やはり知性を感じさせる。
真輔が2011年にCMLLでクネクネしはじめたときに、CMLLから新日にクレームが来た話、とても好き。

ちなみに自分は関本大介に一票入れていた。もうちょっと上位でも然るべきではないか。。

blog: 

縄文ZINE 6号

縄文ZINE

縄文ファンのためのフリーマガジン。

表紙は、顔出てないけど、坂本慎太郎。本編でも顔出てないけど。

特集「1951年の岡本太郎」は岡本太郎と縄文土器の出会いについて検証した硬派な記事。東京国立博物館で出会ったのはそうなのだが、そこで出会ったのは火焔土器ではなかった、さらに、太郎が好きだったのは中期の火焔土器ではなく早期のゴツゴツしたものであり、「縄文土器論」に火焔土器の写真が使われたのは「戦術」としてであった、といったことが明らかにされる。

「土器絵描き唄」「弥生、ダメ、ゼッタイ!」などゆるーいのとそうじゃないものの落差がすごい。クラクラする。

火焔型土器のデザインと機能 Jomonesque Japan 2016 @ 國學院大學博物館 | Cafe de Shrimp

信州の縄文時代が実はすごかったという本 信州の縄文時代が実はすごかったという本
藤森英二

信濃毎日新聞社 2017-01-26
売り上げランキング : 96981

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Gスピリッツ Vol.44 スーパータイガー

Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック)

辰巳出版 2017-06-28
売り上げランキング : 447

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『Gスピリッツvol.44』

GスピもUWFブームに乗っかって来たようだ。スーパータイガー特集ってことで、佐山聡が語る第1次UWF。タイガージム、スーパータイガージム関連の写真資料が豊富!第1次UWFの公式ルールまで完全掲載されている。
北原がスーパータイガージムの元インストラクターとして証言。基本的におっかねえ...っていうのと、北原がプロレスに行くってなったときのエピソードはちょっと胸が熱くなるやつ。おそらく佐山師匠が本当に信頼している人って殆どいなくて、北原は(たぶん今でも)その一人なのだろうなー

北沢幹之、寺島 第一自動車社長(当時)というまともな感じの人々の話が載っているのも良い。

ベイダーがKAMINOGE vol.66に続きこっちにも登場。一緒に載っているのが例のドラディションで卒倒しているときの写真...こわいからこわいから... で、やっぱり記憶の問題は言ってるんだけど、デビューしてからベイダーになる前あたりまでの話がかなり深掘りされていて素晴らしい。

犬猿の仲となっていたキラー・カーンとグラン浜田 の対談... ここでタンバ(アブドーラ・タンバ)の話が出てくるとは。。

日本では国際、全日本、新日本に参戦したイ・ワンピョのインタビュー。韓国マット界(というかキムイル=大木金太郎)は朴正煕政権とも関わりが深くて底なし沼感ある。

blog: 

KAMINOGE vol.66

KAMINOGE vol.66 KAMINOGE vol.66
KAMINOGE編集部

東邦出版 2017-05-22
売り上げランキング : 21573

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブル中野の阿部四郎追悼インタビュー。あの当時の全女の中にあって本当に誰からも慕われていたらしい。弟の五郎氏の存在も気になる...
ベイダーは昔の話を振られてもほとんど記憶失われている(これは怖い...)、もしくは最初から知らないと。オブライトとは仲悪かったっぽいな

みうらじゅんはあんまりフィットしていなくて無理やり話を合わせてくれてる感があるけど...KAMINOGEに登場したことに意義がある。

blog: 

東京人 2017年7月号 土木地形散歩

東京人 2017年 07 月号 [雑誌] 東京人 2017年 07 月号 [雑誌]

都市出版 2017-06-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

東京人のホームページ
いろいろ良かったけど、特に甲武鉄道の新宿-御茶ノ水間あたりの話とか。
お台場の第三台場ちゃんと見ておかないといかんなー。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Magazine