Magazine

Loading

縄文ZINE 6号

縄文ZINE

縄文ファンのためのフリーマガジン。

表紙は、顔出てないけど、坂本慎太郎。本編でも顔出てないけど。

特集「1951年の岡本太郎」は岡本太郎と縄文土器の出会いについて検証した硬派な記事。東京国立博物館で出会ったのはそうなのだが、そこで出会ったのは火焔土器ではなかった、さらに、太郎が好きだったのは中期の火焔土器ではなく早期のゴツゴツしたものであり、「縄文土器論」に火焔土器の写真が使われたのは「戦術」としてであった、といったことが明らかにされる。

「土器絵描き唄」「弥生、ダメ、ゼッタイ!」などゆるーいのとそうじゃないものの落差がすごい。クラクラする。

火焔型土器のデザインと機能 Jomonesque Japan 2016 @ 國學院大學博物館 | Cafe de Shrimp

信州の縄文時代が実はすごかったという本 信州の縄文時代が実はすごかったという本
藤森英二

信濃毎日新聞社 2017-01-26
売り上げランキング : 96981

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blog: 

Gスピリッツ Vol.44 スーパータイガー

Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.44 (タツミムック)

辰巳出版 2017-06-28
売り上げランキング : 447

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『Gスピリッツvol.44』

GスピもUWFブームに乗っかって来たようだ。スーパータイガー特集ってことで、佐山聡が語る第1次UWF。タイガージム、スーパータイガージム関連の写真資料が豊富!第1次UWFの公式ルールまで完全掲載されている。
北原がスーパータイガージムの元インストラクターとして証言。基本的におっかねえ...っていうのと、北原がプロレスに行くってなったときのエピソードはちょっと胸が熱くなるやつ。おそらく佐山師匠が本当に信頼している人って殆どいなくて、北原は(たぶん今でも)その一人なのだろうなー

北沢幹之、寺島 第一自動車社長(当時)というまともな感じの人々の話が載っているのも良い。

ベイダーがKAMINOGE vol.66に続きこっちにも登場。一緒に載っているのが例のドラディションで卒倒しているときの写真...こわいからこわいから... で、やっぱり記憶の問題は言ってるんだけど、デビューしてからベイダーになる前あたりまでの話がかなり深掘りされていて素晴らしい。

犬猿の仲となっていたキラー・カーンとグラン浜田 の対談... ここでタンバ(アブドーラ・タンバ)の話が出てくるとは。。

日本では国際、全日本、新日本に参戦したイ・ワンピョのインタビュー。韓国マット界(というかキムイル=大木金太郎)は朴正煕政権とも関わりが深くて底なし沼感ある。

blog: 

KAMINOGE vol.66

KAMINOGE vol.66 KAMINOGE vol.66
KAMINOGE編集部

東邦出版 2017-05-22
売り上げランキング : 21573

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブル中野の阿部四郎追悼インタビュー。あの当時の全女の中にあって本当に誰からも慕われていたらしい。弟の五郎氏の存在も気になる...
ベイダーは昔の話を振られてもほとんど記憶失われている(これは怖い...)、もしくは最初から知らないと。オブライトとは仲悪かったっぽいな

みうらじゅんはKAMINOGEに登場したことに意義がある。

blog: 

東京人 2017年7月号 土木地形散歩

東京人 2017年 07 月号 [雑誌] 東京人 2017年 07 月号 [雑誌]

都市出版 2017-06-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

東京人のホームページ
いろいろ良かったけど、特に甲武鉄道の新宿-御茶ノ水間あたりの話とか。
お台場の第三台場ちゃんと見ておかないといかんなー。

blog: 

婦人画報 2017年05月号 「音を編む 坂本龍一」

婦人画報 2017年 05月号 婦人画報 2017年 05月号
ハースト婦人画報社

ハースト婦人画報社 2017-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

果たしてこの雑誌の読者層に需要はあるのだろうかと疑問は抱きつつ、ちゃんとした "async"の特集になっていた。
教授の食事メニューが写真付きで載ってるあたりはさすがだが。
村上龍の寄稿もあり。

blog: 

Gスピリッツ Vol.43

Gスピリッツ Vol.43 (タツミムック) Gスピリッツ Vol.43 (タツミムック)

辰巳出版 2017-03-29
売り上げランキング : 1243

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新日本vsWAR特集。表紙含め、ずいぶん赤味が強い写真。
石川孝志が橋本に高い評価をしているのが意外。
越中は新日のマッチメーク仕事を「嫌で嫌で仕方がなかった」馳は「楽しかった」と。
永島はなぜ文脈と関係なく突然KENSOをディスったのか謎だ。

今号はサングレ・チカナの近影含む特集が一番おもしろい。赤ラメのあのマスクデザインはマルティネスによる「ソリタリオ風デザイン」だったのか。後にマッハ隼人がそのまま使っていたアレ。ソンブラ・ベンガドーラとラヨ・デ・ハリスコのマスクデザインが同じ件についてソンブラの方がオリジナルであることを明言してる。

blog: 

週刊プロレス 2017/4/12号 No.1897

週刊プロレス 2017年 4/12 号 [雑誌] 週刊プロレス 2017年 4/12 号 [雑誌]

ベースボール・マガジン社 2017-03-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

24ページに渡るグレート小鹿特集...
本人や天龍のインタビューは昭和レスラーガッハッハな感じでやっぱり要領を得ず(汗
いじめ云々言ってるのは、少なくとも全日本時代までは自分が当事者だったのを忘れちゃってるんだろうか。まあそうなんだろうな。
登坂インタビューのみが理解できる。

blog: 

美術手帖 2017年2月号

美術手帖 2017年2月号 美術手帖 2017年2月号
美術手帖編集部

美術出版社 2017-01-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

のんと奈良美智の対談!

アウトサイダーアート特集。相変わらず日本にはマーケットがなく、世界的な動きとはだいぶ差異があるみたいで。。
4月にアドルフ・ヴェルフリ回顧展が東京ステーションギャラリーに巡回してくるようだ。
精神病院で創作したアドルフ・ヴェルフリの回顧展『二萬五千頁の王国』 - アート・デザインニュース : CINRA.NET

「この世界の片隅に」片渕監督の対談。やっぱりいま映画館で見ておくべきかも...と思った。

blog: 

ページ

Subscribe to RSS - Magazine